インターネットメディア運営

ホームページ作成を制作会社に委託するときにしなければいけないこと

Pocket

ホームページを作りたい!今まであったホームページをリニューアルしたい!というお話を、おかげさまで最近よくいただくようになりました。ありがたいことです。

お金をかけてデザインを組み上げ、様々なギミックを取り入れた最新のサイトを見ていると、ウチの会社のページもなんとかしなきゃな~と考える事業者の方は多くなっていると思います。

大手の企業ほどお金をかけられなくても、今風のページにはしておきたいよ!という声は確かにあるのですが、肝心な部分を忘れたまま構想をめぐらせている方が多いように思います。

ホームページの作成を外部業者に委託する際に、最低限決めておいていただきたいことをまとめてみました。

ホームページの作成は目的ありき

ホームページ作成において最も重要なことって何だと思いますか?

世の中に星の数ほど存在するホームページですが、全て明確な目的を持って作られています。

  • 自社のブランディングとして情報を出して認知度を高めたい広告効果
  • ホームページ上で物が売れるネットショップの仕組みを構築したい
  • 店舗への集客をして売り上げに繋げたい
  • 既存顧客の満足度を高めるフォロー的なコンテンツを作りたい
  • 社長の色を押し出してアットホームな見せ方をしたい

それぞれ明確な目的とゴール地点があり、そこに向けて戦略的にデザインやコンテンツが組み上げられているのです。

ホームページの構想よりも前に、誰のために、何のために作るのか、ビジネスとしての目的が明確になっていなければシビアなネットの世界では戦っていけません。

まずすべきことは自社の利益に繋がるもので、どんなゴール地点を設定するかということを明確にする必要があるのです。

デザインがきれいなページだから申し込みが決まるものでもない

もう一つ重要なことなのですが、誰もが思うのがデザインがキレイなサイトであればアクセスが集まるんでしょ?という認識です。

確かにネットで検索すれば凄いサイトが出てくるし、ライバル会社のサイトなんて物凄くきれいに作られていたりする。自社も今風に作り直さなきゃ・・・

このように思う方は多いのですが、デザインだけ整えてもアクセスを集めることはなかなか難しいのです。

もちろん視覚に訴え、見に来てくれた人を行動させるデザイン力は必要なものです。

しかしその前に、お客さんとなる人はどのような情報を求めていて、どのようなコンテンツを返していけないいのか?簡単に言えば「中身」の部分を作りこまなければ、思うように集客ができないのがネットの世界です。

先ほど書きました「目的を決める」というものも、目指す場所によって提供するホームページのあり方は全て変わってきます。

ゴールというビジョンが曖昧なまま作成をしてしまうと、作った後で「何か違う」というミスマッチやトラブルが起きる原因にもなるのです。

どのようなコンテンツを作り、どのようなデザインで訴求し、訪問してくれた人をおもてなししていくのか?これを考えながら進めていくのが、ホームページを外部に委託してメディア運営を行うあり方だと思っています。

現状の課題を考えながら仕組みを構築していく

ホームページを作成したり、今あるページをリニューアルするといっても、一つ一つ戦略を考えていかなければいけないということをお話しました。

製作を依頼するときには、必ずどのような目的のために予算を割くのかを明確にして、その上で作成会社の技術を活用していくのが成功の近道です。

ホームページ作成は金額も安いものではありません。限られた資産を最大限活用していくためにも、「何のためにやるか」ビジョンを明確にしていくことで、トラブルやミスマッチを防ぐことができます。

Pocket

コメントを残す

*